森の土のひみつ

森の土のひみつ

森の土は自然のサイクルを活かした独自製法により、丹精込めて育てました。

 
ttl_mori_04_1

1 糠を1週間発酵させた後、カニ殻・鱗かす・油粕・土を混ぜ、更に有用微生物によって発酵させます。
2 himitsu_img_02ある程度熟成したら(約2ヶ月)、粉状にした厳選天然土(3種類)と「完熟したおがくず」を加えます。
3 himitsu_img_07約5〜7ヶ月で完熟腐植土(りてら)ができあがります。(仕込み期間は、おがくずの準備を加えると1年半以上になります。)
4 himitsu_img_08完熟腐植土(りてら)とその他厳選した原料をブレンドして森の土が出来上がります。

ttl_mori_04_3

  • 常に60°くらいを維持するよう、また、空気と水のバランスに気を配りながら効率の良い発酵を心がけています。

  • 原料が完全に土に還るまで熟成させることに重きをおいています。

 

ttl_mori_04_4

  • 植物に必要な養分をしっかり吸着しています。

  • 水やりをしても養分が流れ出ず、植物が必要なときに必要なだけの養分を供給します。

  • リンがほどよく吸着しているので、植物の初期生育が良く、また、花も良く咲きます。

  • 抜群の保肥力があります。

  • 微生物が出す酵素がたくさん蓄積されているので、植物の耐病性が増します。



ttl_mori_04_2

ブレンドの際にも、多くのこだわりがあります。

1 ピートモス himitsu_img_04腐植の進んだリトアニア産の高級ピートモスを使用!
pH調整に石灰を使わない独自手法を用いる。
その手法によって同時に、界面活性剤を使わずに水持ちUPに成功しました!
2 ピートモスのつぶし方 himitsu_img_05粉状のピートモスを作らないように細心の注意を払い、時間をかけて作っています。
3 ピートモスと良くなじむ相性の良い素材を厳選
4 himitsu_img_06水に溶けない赤玉土を使用(もちろん薬剤など不使用)。
5 混ぜ方 himitsu_img_03全ての素材をひとかけらも潰さないように、丁寧にブレンドしています。